Python 変数の使い方・書き方

Pythonは他のプログラミング言語と同様に変数を定義できます。今回は、Pythonの変数の使い方・書き方について解説します。

Pythonの変数

変数の書き方

# 数値型
num = 10

# 文字列型
chr = '文字列'

# ブール型
flg = True

ここでは3つの変数「num」「chr」「flg」に値をそれぞれ代入しました。

見ての通り、Pythonは事前に変数・型をセットで定義する必要がありません。

例えば、int型の「num」という変数を定義するのに、他のプログラミング言語のように、「int num」とする必要がありません。代入した値によって型が決まります。

数値を代入すれば数値型、文字列を代入すれば文字列型、True/Falseを代入すればブール型となります。

他の言語を使用している人には違和感を感じるかもしれませんね。

データ型

Pythonのデータ型はこちらになります。

data 説明
整数型 int
小数型(浮動小数点数型) float
小数型(固定小数点数型) decimal 10進数
ブール型 bool true / false
日付型 datetime
文字列型 str
リスト型 list 配列
タプル型 tuple 変更できない配列
辞書型 dictionary キー・値がペアの配列
集合型 set 重複なしの配列

参考記事Python int型・Float型・decmal型(数値型)の使い方 

参考記事Python str型(文字列型)の使い方

参考記事Python bool型(true/false)の使い方

参考記事Python list リスト型(配列)の使い方

参考記事Python 辞書型(dictionary)の使い方(追加・登録・削除)

 

変数名の命名規則

変数の命名規則があります。変数名は下記に対応しています。

  • 英字(大文字と小文字を区別します)
  • 数字
  • _(アンダーバー)

一方、英数字でも変数名に使用できないものもあります。

  • 数字から始まる変数名は使用できない
  • Pythonの予約語(if、forなど)は使用できない

 

以上、Pythonの変数の使い方・書き方の解説でした

コメント