基本構文

基本構文

【Python】ローカル変数とグローバル変数の使い方や違い

Pythonの変数には「ローカル変数」と「グローバル変数」があります。 「ローカル変数」と「グローバル変数」の使い方にはもちろん違いがあります。 今回は、Pythonの「ローカル変数」と「グローバル変数」の使い方や違いを解説しま...
基本構文

Python クロージャーの簡単な使い方

Pythonではクロージャーを簡単に使うことができます。 クロージャーとはわかるようなわからないような・・・簡単にいうとこんな感じです。 関数Aの中にある関数Bのこと(関数内関数) 関数Aのパラメータを関数Bが使う ...
基本構文

Python 関数に関数を渡す(高階関数)

Pythonでは関数に関数を渡したり、関数を変数に代入したりできます。 関数を引数で受け取って処理する関数を「高階関数」といいます。 今回は、Pythonの高階関数の使い方として、関数に関数を渡す方法を解説します。 関数に関数...
基本構文

Python ジェネレーターで順番に取り出す

Pythonではジェネレーターで順番に取り出すことができます。 「ジェネレーター」とは生成器という意味で、おもにジェネレーター関数のことを指します。ジェネレータ関数とはシーケンスを作成する関数です。 シーケンスはリストなど他にも...
基本構文

【Python】可変長引数「**kwargs」(辞書型)を関数で使う

Pythonでは、関数の引数に可変長引数 「**kwargs」を使うことができます。 可変長引数とは長さの決まっていない引数のことです。同じく可変長引数の「*args」がありますが、「*args」はタプルで 「**kwargs」は辞書...
基本構文

【Python】可変長引数「*args」を関数で使う

Pythonでは、関数の引数に可変長引数 「*args」を使うことができます。 可変長引数とは長さの決まっていない引数のことです。 今回は、Pythonで関数の引数の使い方(可変長引数 *args)を解説します。 可変長引数「...
基本構文

Python 関数の戻り値を返す・受け取る方法

Pythonの関数は戻り値を返すことができます。 今回は、Pythonの関数で戻り値を返す・受け取る方法をいくつかのパターンで解説します。 Pythonの関数の戻り値 関数で戻り値を返す # 関数定義 def output_m...
基本構文

Pythonの関数の引数の使い方

Pythonの関数の引数の使い方はいくつかの方法があります。 ここではPythonの関数の引数の書き方・使い方をいくつか解説します。 Pythonの関数の引数の使い方 関数の定義 def output_msg(num1, num...
基本構文

PythonのIDLEでスクリプト実行する方法

PythonではIDLEを使ってスクリプト実行することができます。 Pythonのコードをファイルにしてスクリプト化し、それをIDLEで実行して動作させることができます。 今回は、PythonのIDLEでスクリプト実行する方法を...
基本構文

Python 四則計算の入門 計算の優先度

Pythonの四則計算 入門編として四則計算の基本である計算の優先度や注意点を解説します。 Pythonの四則計算は他のプログラミング言語と同じように使えます。 四則計算の計算式に関してはこちらを参照してください。 参考ペ...