Python list リスト型(配列)の使い方

スポンサーリンク

Pythonでは配列を作成することができます。

配列に順番に値を追加したり、取り出したりできます。Pythonの配列は「リスト型」listを使います。

さっそくPythonでリスト型 listを作成していきましょう!

Python リスト型 listの使い方

リスト型の構文

# リスト型(要素が決まっている)
リストオブジェクト = [要素1,要素2,要素3]

# リスト型(要素をあとから追加) 
リストオブジェクト = list() もしくは 変数 = []
リストオブジェクト.append(要素1)
リストオブジェクト.append(要素2) 
リストオブジェクト.append(要素3) 

Pythonの配列「リスト型」の値を「要素」と呼びます。

配列の要素が決まっている場合は、ブラケット[]でカンマ区切りで記述します。

要素が決まっておらず後から追加する場合は、最初に「リストオブジェクト = list()」としてカラのリスト型を記述します。「リストオブジェクト」は変数のことです。

そのリストオブジェクトに「append」で要素を追加します。

要素が決まっているリスト型

# リスト型(要素が決まっている)
sports = ['baseball','football','tennis']
sports = [1,'baseball',2,'football',3,'tennis']

最初から要素が決まっているリスト型を作成しました。

リスト型に含めるデータ型ですが、1つ目はstr型、2つ目はstr型とint型が混在しています。Pythonではリスト型に複数のデータ型を混在して扱うことができます。

要素を追加するリスト型

# リスト型(要素が決まっていない)
sports = list()
sports.append('baseball')
sports.append('football')
sports.append('tennis')

最初から要素が決まっていない場合、カラのリスト型変数を作成し、そこにappendで要素を追加します。ここでは3つの要素を追加しました。

# リスト型(要素が決まっていない)
sports = []
sports.append('baseball')
sports.append('football')
sports.append('tennis')

リスト型の宣言ですが、先の例では「sports = list()」としましたが、「sports = []」でもOKです。

どちらでも使いやすい方で記述してください。

これでリスト型に要素を追加することができました。

以上、Pythonの配列「リスト型 list」の使い方でした。

 

 

 

コメント