Python 辞書型(dictionary)の使い方(追加・登録・削除)

スポンサーリンク

Pythonでは「キー」と「値」を保持する配列を作成することができます。

データベースのテーブルのように扱うことができます。Pythonでは「辞書型(dictionary)」を使います。

さっそくPythonで辞書型(dictionary)を作成していきましょう!

Python 辞書型(dictionary)の使い方

辞書型(dictionary)の構文

# 辞書型(dictionary)
変数 = {キー1:値1,キー2:値2・・・}

Pythonの「辞書型(dictionary)」は「キー」と「値」がセットになっています。この「キー」と「値」のセットを「:」でくくり、全体を波カッコ{}でくくります。

データを取得する際は「キー」を使って「値」を取得します。

リスト型は順番に取得するか、インデックス番号で取得しましたが、辞書型(dictionary)は「キー」と「値」がセットになっているところが異なる点です。

Python 配列・リスト型の使い方

Python 配列・リスト型の取り出し方

辞書型(dictionary)の使用例

# 辞書型(dictionary)
sports = {'A01':'baseball','A02':'football','A03':'tennis'}
sports['A01']
#[結果] 'baseball'

ここでは下記のような「キー」と「値」の辞書型「sports」を作成しました。

キー
A01 baseball
A02 football
A03 tennis

データを取り出すには「キー」を指定します。ここでは「sports[‘A01’]」として、キー「A01」の値「baseball」を取得しました。

辞書型(dictionary)に要素を追加する

# 辞書型(dictionary) 
sports = {'A01':'baseball','A02':'football','A03':'tennis'}
# 辞書型に要素を追加
sports['A04']='swimming'
# 参照
sports
#[結果] {'A01': 'baseball', 'A02': 'football', 'A03': 'tennis', 'A04': 'swimming'}

辞書型に要素を追加するには、キーと値を指定します。

ここでは「sports[‘A04’]」、つまり、キー「A04」に「swimming」をセットしました。

辞書型(dictionary)の要素を更新する

# 辞書型(dictionary)
sports = {'A01':'baseball','A02':'football','A03':'tennis'}
# 辞書型の要素を更新
sports['A01']='swimming'
# 参照
sports
#[結果] {'A01': 'swimming', 'A02': 'football', 'A03': 'tennis'}

辞書型の値を変更するには、キーを指定して更新します。

ここでは「sports[‘A01’]」、つまり、キー「A01」に「swimming」をセットしました。

辞書型(dictionary)の要素を削除する

# 辞書型(dictionary)
sports = {'A01':'baseball','A02':'football','A03':'tennis'}
# 辞書型の要素を削除
del sports['A01']
# 参照
sports
#[結果] {'A02': 'football', 'A03': 'tennis'}

辞書型の値を削除するには、キーを指定して削除します。

ここでは「sports[‘A01’]」、つまり、キー「A01」をdelで削除しました。

 

これで辞書型(dictionary)を作成し、要素を追加・更新・削除することができました。

以上、Pythonの「辞書型(dictionary)」の使い方でした。

 

コメント