Python Excelのセルにフォーマットを指定する

スポンサーリンク

PythonではExcelのセルにフォーマットを指定することができます。

例えば、数値をカンマ区切りにしたり、数値を文字列として書き込んだりできます。

今回は、Excelのセルにフォーマットを指定する方法を解説します。

セルにフォーマットを指定する

事前準備

PythonでExcel操作をするには、「openPyXl」パッケージが便利です。「openPyXl」を事前にダウンロード・インストールしておく必要があります。

参照外部パッケージ OpenPyXLをインストールする方法

Excelのフォーマットを指定するには、「openPyXl」パッケージの「number_format 」を使用します。

例1. Excelのセルフォーマットを指定する

import openpyxl

# ブックを取得
book = openpyxl.load_workbook('C:\\pg\\data.xlsx')
# シートを取得
sheet = book['Sheet1']

# セルフォーマットを指定 
sheet.cell(row=1,column=1).number_format = "#,##0" 
sheet.cell(row=1,column=1).value = 1215 

# セルフォーマットを指定
sheet.cell(row=2,column=1).number_format = "#,##0.00"
sheet.cell(row=2,column=1).value = 1300.12

# セルフォーマットを指定 
sheet.cell(row=3,column=1).number_format = "#,##0" 
sheet.cell(row=3,column=1).value = 1300.12 

# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

Excelのセルにフォーマットを指定しました。カンマ、小数などは「number_format 」を使えば、EXCELと同じように簡単に扱うことができます。

例2. Excelのセルフォーマットを指定する(文字列)

# セルフォーマットを指定 
sheet.cell(row=4,column=1).number_format = openpyxl.styles.numbers.FORMAT_TEXT 
sheet.cell(row=4,column=1).value = 1300

 

この例では数値を文字列型にしました。文字列型は「FORMAT_TEXT」で設定します。

EXCELでは文字列型は左寄せになりますが、左寄せになりました。

 

これでExcelのセルにフォーマットを指定することができました。

参照:https://openpyxl.readthedocs.io/en/stable/#

以上、PythonでExcelのセルにフォーマットを指定する方法でした。

コメント