【Python】二次元配列の作り方(リストの入れ子)

Pythonの二次元配列の使い方について。

この記事の内容はコチラです

  • Pythonの二次元配列を作る
  • listを入れ子にして二次元配列にする

今回はPythonでlistを二次元配列に相当するものを紹介します!

Python 2次元配列の作り方

2次元配列(list を入れ子にする)

# list作成
country = ['japan','usa','china'] 
sports = ['baseball','football','tennis']

# 二次元配列(listの入れ子)
country_sports = [country, sports]

# 確認
country_sports
#[結果] [['japan', 'usa', 'china'], ['baseball', 'football', 'tennis']]

ここでは、Pythonでlistを2つ(「country 」「sports」)作成し、このlistをさらにlistに入れた入れ子のようなlist「country_sports」を作成しました。

listの入れ子を2次元配列で取り出す

country_sports[0][0]
#[結果] 'japan'

country_sports[0][1]
#[結果] 'usa'

country_sports[1][0] 
#[結果] 'baseball'

country_sports[1][1] 
#[結果] 'football'

入れ子にしたリスト型オブジェクトを使ってみます。

リスト型オブジェクト[インデックス番号][インデックス番号] とすると、値を取得することができます。

書き方としては二次元配列と同じような書き方になります。

country_sports[0][n]は「country」のリスト、country_sports[1][n]は「sports」のリストになります。

listの入れ子を1次元配列で取り出す

# 1つ目の要素を出力
country_sports[0]
#[結果] ['japan', 'usa', 'china']

# 2つ目の要素を出力
country_sports[1]
#[結果] ['baseball', 'football', 'tennis']

ここでは二次元配列ではなく一次元配列のように出力しました。2つ目のインデックス番号を省略しました。

2つ目のインデックス番号を省略すると、入れ子になったリスト型をそのまま出力することができます。

これでPythonでlist を使って二次元配列のように扱うことができました。

リスト型の作成・追加・更新はこちらを参照してください。

以上、Pythonでリスト型 list を入れ子にして二次元配列のように取り出す方法を解説しました。

コメント