【Python】count で出現回数を取得する

スポンサーリンク

Pythonでは「count」をつかって配列(list)から任意の値の出現回数を取得することができます。

リスト内にいくつあるか?を取得します。

今回はPythonの「count」の使い方を解説します。

count で出現回数を取得する

count構文

リスト型変数.count(検索値) 

「count」を使って出現回数を取得できます。値がみつかった回数を返します。

 

countで出現回数を取得する

lst = ['a', 'b', 'b', 'c']
lst.count('b') 
#[結果] 2

ここでは4つの要素からなるリストから文字列「b」を検索しました。「b」はリスト内に2つあるので、「2」が取得できました。

countで見つからない場合

lst = ['a', 'b', 'b', 'c']
lst.count('x') 
#[結果] 0

リスト内に指定した値が見つからないと0を返します。

countは完全一致のみ

lst = ['python', 'java', 'c#', 'c#']
lst.count('py') 
#[結果] 0

ここでは文字列の一部で検索しましたが、見つかりませんでした。完全に一致する値しか「count」の対象にはなりません。

以上、Pythonのcountを使って配列から値の出現回数を取得する方法でした。

コメント