Python zip 複数のリスト型から1つのリスト型を作る

Pythonでは「zip」を使って複数のリスト型から1つのリスト型を作ることができます。

イメージ的には1次元配列を2つまとめて2次元配列を作ったり、1次元配列を3つまとめて3次元配列を作ったりするイメージです。

それではPythonで複数のリスト型から1つのリスト型を作っていきましょう!

複数のリスト型(list)をまとめるzipの構文

# リスト型(list)をまとめる
リスト3 = list(zip(リスト1,リスト2)

Pythonの複数の「リスト型(list)」をまとめて統合するするには「zip」を使います。「リスト1」と「リスト2」を統合して「リスト3」を作ります。「リスト3」は2次元配列のような形になります。

リストの統合は2つだけでなく3つでも4つでも可能です。

例1. zipでリスト型(list)をまとめる

# リスト型(list)
adr_no = ['150-0013','150-0021','150-0022']
address = ['東京都渋谷区恵比寿','東京都渋谷区恵比寿西','東京都渋谷区恵比寿南']
# リストを統合
adr_list = list(zip(adr_no,address))

print(adr_list)
#[結果] [('150-0013', '東京都渋谷区恵比寿'), ('150-0021', '東京都渋谷区恵比寿西'), 
#[結果] ('150-0022', '東京都渋谷区恵比寿南')]

adr_list[0][0]
#[結果] '150-0013'
adr_list[0][1]
#[結果] '東京都渋谷区恵比寿'

リスト型(list)「adr_no」「address」を「zip」で統合し、「adr_list」を作成しました。作成された「adr_list」を確認すると、元のリストの要素を含んだリスト型となっています。

zipで統合されたリストは2つのリストの要素を含んだ2次元配列のようになっています。

 

以上、Pythonでzipを使って複数のリスト型から1つのリスト型を作る方法でした。

 

コメント