Python insert・append リスト型に要素を追加・更新する

スポンサーリンク

Pythonではリスト型の配列に要素を追加したり更新したりすることができます。

リスト型の作成はこちらを参照してください。

Python 配列・リスト型の使い方

Python 配列・リスト型の取り出し方

今回はPythonでリスト型に要素を追加・更新する方法を紹介します。

Python リスト型の追加・更新

append リスト型の末尾に要素を追加する

# リスト型
sports = list() 

# リストの末尾に要素を追加する 
sports.append('baseball') 
sports.append('football') 
sports.append('tennis')

リスト型の要素を追加するには「append」を使用します。

「append」はリスト型の末尾に追加します。特定の場所には追加できませんので注意してください。

ここではカラのリスト型を最初に作成し、そこに3つの要素「baseball」「football」「tennis」を追加しました。

insert リスト型の特定の位置に要素を追加する

# リストの特定の位置に要素を追加する 
リスト型変数.insert(インデックス番号,値)
# リスト型
sports = list() 

# リストの末尾に要素を追加する
sports.append('baseball') 
sports.append('football') 

# リストの特定の位置に要素を追加する 
sports.insert(1,'tennis')
sports 
#[結果] ['baseball', 'tennis', 'football']

リスト型に位置を指定して要素を追加するには「insert」を使用します。

ここでは2つの要素をもつリスト型を最初に作成し、1つ目と2つ目の要素のあいだに「tennis」をinsertして追加しました。

リスト型の要素を更新する

# リスト型
sports = list() 
sports.append('baseball') 
sports.append('football') 
sports.append('tennis')
sports 
#[結果] ['baseball', 'football', 'tennis']

# リスト型を更新する
sports[0] = 'swimming'
sports
#[結果] ['swimming', 'football', 'tennis'] 

Pythonのリスト型はあとから更新することができます。

リスト型を更新するには、要素に代入します。

ここでは「sports[0]」は「baseball」でしたが、「sports[0] = ‘swimming’」で上書きしたので、「sports[0]」は「swimming」に更新されました。

 

以上、Pythonの配列・リスト型に要素を追加・更新する方法でした。

 

コメント