Python rjust・ljust 文字列をゼロ埋め(ゼロパディング)

スポンサーリンク

Pythonでは「rjust」「ljust」を使って文字列をゼロ埋め(ゼロパディング)することができます。

文字列を大文字にするには「upper」、小文字にするには「lower」を使います。

今回は、Pythonで文字列を大文字・小文字に変換する「rjust」「ljust」の使い方を解説します。

文字列をゼロ埋め(ゼロパディング)するrjust・ljust

rjust・ljust構文

# 文字列を右寄せする
文字列.rjust(全体文字数,埋める文字列)
# 文字列を左寄せする 
文字列.ljust(全体文字数,埋める文字列)

「rjust」で右寄せし、「ljust」で左寄せします。

rjust・ljustの使用例

例1. 文字列の先頭をゼロ埋め(ゼロパディング)する

prg_no = '101'
prg_no.rjust(5,'0')
#[結果] '00101'

「rjust」で文字列「101」を右寄せして頭に「00」を追加し、「00101」に変換しました。

例2. 文字列の末尾をゼロ埋め(ゼロパディング)する

prg_no = '101' 
prg_no.ljust(5,'0') 
#[結果] '10100'

「ljust」で文字列「101」を左寄せして末尾に「00」を追加し、「10100」に変換しました。

これで「rjust」「ljust」を使って文字列をゼロ埋め(ゼロパディング)することができました。

 

以上、Pythonで文字列をゼロ埋め(ゼロパディング)する「rjust」「ljust」の使い方でした。

コメント