Python len 文字列の長さ(文字数)を取得する

Pythonでは「len」を使って文字列の長さ(文字数)を取得することができます。

今回は、Pythonで文字列の長さ(文字数)を取得する「len」の使い方を解説します。

文字列の長さ(文字数)を取得するlen

例1. 文字数を取得する

# 文字数を取得
program = 'python'
len(program)
#[結果] 6

文字列の長さ(文字数)を取得するには「len」を使います。「len」はバイト数ではなく文字数です。

例2. 文字数を取得する

# 文字数を取得
program = 'python プログラム'
len(program)
#[結果] 12

スペースを1つ入れた文字列の文字数を「len」で取得すると、スペースも文字数としてカウントされました。

これで文字数を取得することができました。

以上、Pythonで文字数を取得する「len」の使い方でした。

コメント