Pythonでクリップボードを操作する(コピー&ペースト)

Pythonではクリップボードを操作することができます。

例えば、クリップボードな中身を取得したり、クリップボードへコピーしたりすることができます。外部の「pyperclip」を使えば、クリップボードの操作が簡単にでき、コピー&ペーストが簡単に操作できます。

今回は、Pythonでクリップボードを操作する方法を解説します。

クリップボードを操作する(コピー&ペースト)

Pythonでクリップボードを操作する(コピー&ペースト)には、外部モジュール「pyperclip」を使うと便利です。

pyperclipをインストール

外部モジュール「pyperclip」はPython標準ではないので別途インストールする必要があります。インストール方法はこちらを参照してください。

参考ページPython pyperclipをインストールする方法

 

クリップボードの中身をペーストする

例えば、「Python」という文字列をテキストエディタでコピーします。コピーした「Python」がクリップボードに存在します。

このクリップボードの中身を取得してペーストします。

import pyperclip

# クリップボードの中身をペースト
pyperclip.past()
#[結果] 'Python'

クリップボードの中身を取得することができました。

 

クリップボードへコピーする

例えば、「Python」という文字列をクリップボードへコピーします。

import pyperclip

# クリップボードへコピー
pyperclip.copy('python')

「python」という文字列がクリップボードにコピーされました。この状態でテキストエディタを開いてペーストすると、クリップボードの中身がペーストされました。

以上、Pythonでクリップボードを操作する(コピー&ペースト)方法でした。

コメント