Python 文字列が空白・NULLか判定する

Pythonでは文字列が空白・NULLなのかを判定することができます。

JAVAでは「isEmpty」がありますね。

今回は、Pythonで空白・NULLなのかを判定する方法を解説します。

空白・NULLなのか判定する

例1. not で空白・NULLを判定

str = ''
if not str:
    print('NULL')
else
    print('文字あり')
#[結果] NULL

Pythonで文字列が空白・NULLかを判定するには「not」を使います。文字列が「not」であれば、空白・NULLということです。

例2. lenで空白・NULLを判定

str = ''
if len(str) == 0:
    print('NULL')
else
    print('文字あり')
#[結果] NULL

もう1つの方法として「len」を使って文字列の長さを見る方法です。文字列の長さが0であれば空白・NULLであるといえます。

 

これで文字列が空白・NULLなのかを判定することができました。

以上、Pythonで文字列が空白・NULLなのかを判定する方法でした。

コメント