Python strip・lstrip・rstrip 空白を削除する

スポンサーリンク

Pythonでは「strip」「lstrip」「rstrip」を使って文字列の空白を削除することができます。

ある文字列の先頭の空白を削除したり、末尾の空白を削除したりすることができます。

今回は、Pythonで文字列の空白を削除する「strip」「lstrip」「rstrip」の使い方を解説します。

文字列の空白を削除するstrip・lstrip・rstrip

strip・lstrip・rstrip構文

# 先頭・末尾の空白を削除する
文字列.strip()
# 先頭の空白を削除する
文字列.lstrip()
# 末尾の空白を削除する
文字列.rstrip()

文字列の先頭・末尾にある空白を削除します。

戻り値

空白が削除された文字列が返されます。

 

strip・lstrip・rstripの使用例

例1. 先頭・末尾の空白をまとめて削除する

' python '.strip()
#[結果] 'python'

'        abc '.strip()
#[結果] 'abc'

「strip」で文字列「python」の先頭・末尾にある空白を削除しました。

2つ目の例のように空白はどれだけあってもまとめて削除されます。

例2. 先頭の空白を削除する

' python '.lstrip()
#[結果] 'python '

「lstrip」は先頭の空白のみを削除します。

例3. 末尾の空白を削除する

' python '.rstrip()
#[結果] ' python'

「rstrip」は先頭の空白のみを削除します。

 

これで文字列の前後にある空白を削除することができました。

以上、Pythonで文字列の空白を削除するする「strip」「lstrip」「rstrip」の使い方でした。

コメント