Python random 乱数(ランダムな数)を作る

スポンサーリンク

Pythonでは「random」を使って乱数(ランダムな数)を作ることができます。

ある数値の範囲内で乱数を取得したり、整数・小数なども指定して乱数を作ることができます。

今回は、Pythonで乱数を取得する「random」の使い方を解説します。

 乱数を作る random

random構文

import random

# 乱数(整数)を取得
random.randint(開始数,終了数)

# 乱数(小数)を取得
random.uniform(開始数,終了数)

# 乱数(1以下の小数)を取得
random.random()

乱数を取得するにはPython付属の「random」を使います。

整数は「random.randint」、小数は「random.uniform」で取得します。それぞれ数値の範囲指定ができるので、開始数・終了数の範囲内の乱数を発生させることができます。

randomの使用例

例1. 乱数(整数)を取得

import random

num = random.randint(1,10)
print(num)
#[結果] 6

num = random.randint(1,10)
print(num)
#[結果] 4

「random.randint」で1~10の範囲内で乱数を取得しました。「random.randint」は整数の乱数を取得します。

「random.randrange」でも同じように乱数が取得できます。この例と同じ乱数を取得する場合は、「random.randrange(1,11)」とします。

 

例2. 乱数(小数)を取得

import random

num = random.uniform(1,10)
print(num)
#[結果] 1.828588888306732

num = random.uniform(1,10)
print(num)
#[結果] 4.094179057541483

「random.uniform」で1~10の範囲内で小数の乱数を取得しました。「random.uniform」は小数(浮動小数点数)の乱数を取得します。

 

例3. 乱数(1以下の小数)を取得

import random

num = random.random()
print(num)
#[結果] 0.8135065054096755

num = random.random()
print(num)
#[結果] 0.598371805102066

「random.random」で1以下の乱数を取得しました。「random.random」は小数(浮動小数点数)の乱数を取得します。

参照https://docs.python.jp/3/library/random.html

これで「random」を使って乱数(ランダムな数)を取得することができました。

以上、Pythonで乱数(ランダムな数)を取得する「random」の使い方でした。

コメント