Pythonでformatと置換フィールドで文字列を整形する

スポンサーリンク

Pythonのformatを使うと文字列を整形することができます。

今回はformatと置換フィールドの使い方を解説します。

formatと置換フィールドで文字列を整形する

置換フィールドとは

「置換フィールド」は文字列の中にうめこむ記号です。Pythonの置換フィールドは{}でくくります。文字列の中に埋め込んだ{}が置換フィールドです。

置換フィールド・formatで文字列を整形する(位置指定)

str = '{}と{}を勉強しています'
str.format('python', 'java')
#[結果] 'pythonとjavaを勉強しています'

文字列「str」の中に置換フィールド{}を2つ埋め込みました。format関数の引数にこの2つの置換フィールドに挿入する文字列「python」「java」を指定することで、文字列を埋め込むことができました。

置換フィールド・formatで文字列を整形する(位置をナンバーで指定)

str = '{1}と{0}を勉強しています'
str.format('python', 'java')
#[結果] 'javaとpythonを勉強しています'

ここでは置換フィールドを{0}{1}のようにナンバーをつけました。このナンバーがformatの引数の順番となります。

置換フィールド・formatで文字列を整形する(名前で指定)

str = '{name}のポイント残高は{point}ptです'
str.format(name='山田花子', point='1020')
#[結果] '山田花子のポイント残高は1020ptです'

置換フィールドに名前をつけて埋め込みました。format関数の引数にはこの名前を指定するのでわかりやすい方法です。

formatを省略して整形する(名前で指定)

name='山田花子'
point='1020'
f'{name}のポイント残高は{point}ptです'
#[結果] '山田花子のポイント残高は1020ptです'

「str型変数.format」を使わずに記述することもできます。置換フィールドを埋め込んだ文字列の先頭に「f」をつけると、format関数と同じことができます。コード的には簡潔になりましたね。

これでPythonのformatと置換フィールドを使って文字列を整形するいくつかのパターンを紹介しました。

以上、Pythonでformatと置換フィールドで文字列を整形する方法でした。

コメント