Python 文字列を切り取る[]

Pythonではブラケット[]を使って文字列を切り取ることができます。

文字列の先頭5文字を切り取りたい、2文字~5文字を切り取りたいなどに使用します。他の言語では「substring」が使用されますね。

今回は、Pythonで文字列の長さ(文字数)を取得する[]の使い方を解説します。

文字列を切り取る[]

例1. 文字列を1文字だけ切り取る

# 文字列を切り取る
program = 'python'
program[0]
#[結果] 'p'
program[1]
#[結果] 'y'

[]を使って文字列を1文字切り取りました。[0]は1文字目、[1]は2文字目を切り取りました。

例2. 文字列の任意の場所を切り取る

# 1文字目~2文字目を切り取る
program = 'python'
program[0:2]
#[結果] 'py'
# 2文字目~3文字目を切り取る
program[1:3]
#[結果] 'yt'

文字列から任意の場所を切り取るには[開始位置:終了位置]と記述します。

1文字目~2文字目を切り取るには[0:2]と書きます。[0:1]ではないので注意してください。

開始位置がゼロスタートなので終了位置もそうなりそうな気がしますが、終了は1スタートのカウントになります。

例3. 文字列の先頭から〇文字を切り取る

# 先頭から3文字までを切り取る
program = 'python'
program[:3]
#[結果] 'pyt'

文字列の先頭から切り取るには[:終了位置]と記述します。

先頭~3文字目を切り取るには[:3]と書きます。開始位置を記述せず、終了位置のみ記述します。

終了位置は1スタートのカウントになります。

例4. 文字列の指定位置から末尾までを切り取る

# 3文字~末尾までを切り取る
program = 'python'
program[2:]
#[結果] 'thon'

文字列の指定位置から末尾まで切り取るには[開始位置:]と記述します。

3文字目~末尾を切り取るには[2:]と書きます。開始位置を記述し、終了位置は記述しません。

開始位置は0スタートのカウントになります。

例5. 文字列の末尾から〇文字を切り取る

# 末尾から3文字を切り取る
program = 'python'
program[-3:]
#[結果] 'hon'

文字列の末尾から切り取るには[-文字数:]と記述します。末尾から3文字を切り取るには[-3:]と書きます。

これで文字列を任意の場所で切り取ることができました。

以上、Pythonで文字列を切り取る[]の使い方でした。

コメント

  1. Akihisa@Yokohama より:

    Pythonでも文字列の切り出しの関数があることを知り大変助かりました。 C言語では、無いので自作しました。 これで楽になりそうです。