【Python】replace 文字列を置換する

Pythonでは「replace」を使って文字列を置換することができます。

文字列全体を異なる文字列に置換する場合、文字列の一部の文字を異なる文字に置換する場合は「replace」で簡単に書き換えることができます。

今回は、Pythonで文字列を置換する「replace」の使い方を解説します。

文字列を置換するreplace

文字列を置換するreplace構文

# 文字列を置換する
文字列.replace(置換対象文字列, 置換後文字列)
文字列.replace(置換対象文字列, 置換後文字列,置換回数)

「replace」を使って文字列を置換します。

replaceの使用例

例1. 文字列を置換する

# 文字列を置換する
prg = 'pythonを勉強中です。'
prg = prg.replace('python','java')
print(prg)
#[結果] javaを勉強中です。

「replace」を使って文字列「python」を「java」に置換しました。

例2. 1回だけ置換する

prg = 'python python python' 
prg = prg.replace('python','java') 
print(prg)
#[結果] java java java
prg = 'python python python' 
prg = prg.replace('python','java',1) 
print(prg) #[結果] java python python

文字列が複数含まれる場合、通常はすべて置換されます。しかし、一部だけ置換したい場合もあります。

その場合、replace関数の第3パラメータに置換回数を指定します。ここでは最初の1回のみ置換しました。残りの文字列は置換されません。

例3. replaceで文字列を削除する

prg = 'pythonを勉強中です。' 
prg = prg.replace('を','') 
print(prg)
#[結果] python勉強中です。

replaceで置換後の文字列を指定せずに「”」にすると、対象の文字列が削除されます。

これで文字列を置換することができました。

以上、Pythonで文字列を置換する「replace」の使い方でした。

コメント