【Python】index 配列(list)内の要素数を取得する

Pythonでは「index」をつかって配列(list)内の要素数を取得することができます。

今回はPythonのindexの使い方を解説します。

index 配列(list)内の要素数を取得する

index構文

リスト型変数.index(検索値)

「index」を使ってリスト内を検索できます。値がみつかったリスト内の位置(要素数)を返します。位置(要素数)はゼロスタートです。

indexで要素数を取得する

lst = ['java', 'c#', 'python']
lst.index('python')
#[結果] 2

ここでは3つの要素からなるリストから文字列「python」をindexで検索し、要素数の2を取得しました。要素数はゼロから開始するので3つ目は2となります。

indexは文字列の一部では取得できない

lst = ['java', 'c#', 'python']
lst.index('py')
#[結果] ValueError: 'py' is not in list

文字列「python」を文字列「py」でindexで検索しましたが、エラーとなり取得できませんでした。文字列の一部などあいまい検索はできません。

indexは存在しないと取得できない

lst = ['java', 'c#', 'python']
lst.index('ruby')
#[結果] ValueError: 'ruby' is not in list

リストにはない文字列「ruby」をリストからindexで検索しましたが、エラーとなりました。存在しない場合はエラーとなります。

以上、Pythonのindexを使って配列(list)内の要素数を取得することができました。

コメント