Python if文の初歩的な使い方・書き方

Pythonのif文は条件分岐の基本中の基本です。

Pythonの if文の初歩的な使い方・書き方をいくつかのパターンで解説します。

Python if文

if構文

# if文
if 条件式1:
    条件式1がtrueの場合の処理
else:
    条件式1がfalseの場合の処理
if 条件式1:
    条件式1がtrueの場合の処理
elif 条件式2: 
    条件式2がtrueの場合の処理 
else:
    条件式1・2がfalseの場合の処理

コロンをつける

PythonでIF文のポイントは「条件式」の後に「:」(コロン)をつけます。処理は必ずインデントします。インデントは半角スペース4つであり、タブは使いません。

elif

IF文をつなげる場合は「elif」の後に条件式を記述します。

else

どの条件にも合致しない場合の処理は「else:」以降に記述します。

 

シンプルなif文

num = 1
bln = False 

# if文
if num > 0:
    bln = True
print(bln)
#[結果] True

Pythonで条件が1つだけのシンプルなIF文を作成しました。

「num」が「1」より大きければ「True」を返すIF文です。

ここでは「num = 1」であるので、if文の条件に一致するため「True」が返されます。

複数条件を使うif ~ elif

num = 1
bln = False 

# if文
if num == 0:
    bln = False
elif num == 1: 
    bln = True 
print(bln)
#[結果] True

Pythonで複数条件式を扱うIF文を作成しました。

条件「num」が「0」であったら「False」を返し、条件「num」が「1」であったら「True」を返すIF文です。

ここでは「num = 1」であるので、2つ目の条件に合致し、「True」が実行されます。

複数条件を使う if ~ elif ~ else

num1 = 1
num2 = 0
bln = False
# if文
if num1 == 1 or num1 > 9:
    bln = True
elif num2 == 1 or num2 > 9: 
    bln = True
else:
    bln = False
print(bln)
#[結果] True

ここでは1つの条件式の中に複数条件を使うIF文を作成しました。1つの条件式に複数の条件を入れるには「and」「or」を使います。

1つ目の条件は、「num1」が「1」か「9より大きい」です。

2つ目の条件は、「num2」が「1」か「9より大きい」です。

3つ目の条件はそれ以外です。

ここでは「num1 = 1」であるので、1つ目の条件に合致し、「True」が返されます。

passは何もしない

# if文のpass
num = 0
if num == 0:
    pass
else:
    num += 1 

print(num)
#[結果] 0

Pythonのif文で処理せず何もしない場合は「pass」を使います。

ここでは「num==0」の場合は何もせずにスキップしました。それほど使用頻度は多くありませんが、何もしない場合は「pass」が使えます。

以上、Pythonのif文の使い方・書き方をいくつか解説しました。

コメント