【Python】 繰り返し・ループ処理の書き方(FOR ループ)

Pythonの繰り返し・ループ処理について。

この記事の内容はコチラです

  • Pythonで繰り返し・ループ処理の書き方
  • for loop文の使い方

今回は、Pythonの繰り返し・ループ処理のfor loop文を紹介します!

Pythonの繰り返し・ループ処理

ループ(for ループ)の定義

# for ループ
for 変数 in range(開始値,終了値,ステップカウント):
    処理

コロンをつける

PythonでFOR ループのポイントは「for」の後に「:」(コロン)をつけます。ループ内の処理は必ずインデントします。

開始値、ステップカウントは省略可能

開始値はループを開始する数値です。省略可。指定しない場合はデフォルト「0」から開始します。

終了値はループを終了する数値です。

ここで注意ですが、終了値はその1つ前の数値で終了します。終了値「3」であれば「2」でループは終了しますので、注意してください。

ステップカウントはループのステップです。省略可。省略しれば「1」ずつ、指定すれば「2」ずつ、「3」ずつカウントアップしていくことも可能です。

ループ(FOR LOOP)の書き方の例

① 終了のみ(開始・ステップ省略)

# 3回繰り返し
for i in range(3):
    print(i)
#[結果] 0
#[結果] 1
#[結果] 2

Pythonでもっともシンプルな繰り返し・ループ処理を作成しました。

開始値を指定していないので、デフォルト「0」です。終了値は指定された「3」です。「3」までということは「2」までループするという意味です。ステップは省略されているのでデフォルト「1」です。

つまり、「0~2まで1ずつカウントアップするループ」となるので、「0,1,2」の3回ループします。

「3」は含まれず「2」でループは終了するので注意してください。

② 開始・終了を指定

# 2回繰り返し(5~6)
for i in range(5,7):
    print(i)
#[結果] 5
#[結果] 6

Pythonで開始と終了を明示したループを作成しました。

開始値は「5」、終了値は指定された「7」です。「7」の1つ前の「6」でループは終了します。

つまり、「5~6まで1ずつカウントアップするループ」となるので、「5,6」の2回ループします。

③ ステップあり

# 5回繰り返し(10~2)
for i in range(10,0,-2):
    print(i)
#[結果] 10
#[結果] 8
#[結果] 6
#[結果] 4
#[結果] 2

Pythonでステップを明示したループを作成しました。

開始値は「10」、終了値は指定された「0」です。「0」の1つ前の「1」でループは終了します。ステップは「2ずつマイナス」です。つまり、「10~1まで2ずつマイナスするループ」となるので、「10,8,6,4,2」の2回ループします。

Pythonのループの書き方として、「終了のみ」「開始・終了」「ステップあり」の3つを紹介しました。

以上、Pythonの繰り返し・ループ処理(FOR ループ)の書き方でした。

コメント