Python フォルダを削除する3つの方法(rmtree・rmdir・send2trash)

Pythonでフォルダを削除するにはおもに3つの方法があります。(「rmtree」「rmdir」「send2trash」)

  1. rmtree・・・フォルダを完全削除
  2. rmdir・・・フォルダを完全削除(フォルダの中身がカラのみ)
  3. send2trash・・・フォルダをゴミ箱に入れて削除

「rmtree」「rmdir」の削除は完全削除です。ゴミ箱に入る削除は「send2trash」です。

今回は、Pythonでフォルダを削除する「rmtree」「rmdir」「send2trash」の使い方を解説します。

ファイルを削除する場合はこちらを参照してください。

Python unlink・send2trash ファイルを削除する

フォルダを完全に削除する rmtree

rmtree構文

import os
os.rmtree(削除するフォルダのパス)

まず最初にpython標準のshutilモジュールを使用するため「import shutil」を事前に記述します。

「shutil.rmtree」で任意のフォルダを完全に削除します。フォルダの中身も含めて完全に削除されるため、元に戻すことはできません。

例1. rmdirでフォルダを削除する

import shutil
shutil.rmtree('c:\\pg\\wk')

Pythonの「rmtree」で「c:\pg\wk」フォルダーを完全に削除しました。

パスの記述ですが、「\」をエスケープする必要があるため、「\」であれば「\\」と書きます。よって「c:\pg\wk」の場合は「c:\\pg\\wk」と書きます。

フォルダを完全に削除する rmdir

rmdir構文

import os
os.rmdir(削除するフォルダのパス)

まず最初にpython標準のosモジュールを使用するため「import os」を事前に記述します。

「os.rmdir」で任意のフォルダを完全に削除します。フォルダは完全に削除されるため、元に戻すことはできません。

注意点として、「os.rmdir」はフォルダーがカラの場合のみ削除できます。中身が入っているフォルダは削除できません。

例1. rmdirでフォルダを削除する

import os
os.rmdir('c:\\pg\\wk')

Pythonの「rmdir」で「c:\pg\wk」フォルダーを完全に削除しました。

フォルダを削除する send2trash

send2trash 構文

import send2trash
send2trash.send2trash(削除するフォルダのパス)

python標準には「send2trash」はありません。Pypi(Python Package Index)から別途インストールする必要があります。

関連記事 Python 外部パッケージをインストールする方法(send2trash)

「send2trash」で任意のフィルダをゴミ箱に入れて削除します。ゴミ箱に入るため、元に戻すことはできます。

例1. send2trashでフォルダを削除する

import send2trash
send2trash.send2trash('c:\\pg\\wk')

Pythonの「send2trash」で「c:\pg\wk」をゴミ箱に入れて削除しました。

 

「shutil.rmtree」「os.rmdir」でフォルダを完全に削除し、「send2trash.send2trash」でゴミ箱にいれて削除することができました。

以上、Pythonの「shutil.rmtree」「os.rmdir」「send2trash.send2trash」でフォルダを削除する方法でした。

コメント