Python 外部パッケージ send2trashをインストールする方法

スポンサーリンク

Pythonでは標準以外にも外部パッケージモジュールが多数用意されています。

Python標準にない機能の外部パッケージを使用したい場合は、外部からダウンロード、インストールをする必要があります。

今回は、Pythonの外部パッケージをWindowsでインストールする方法を紹介します。外部パッケージモジュール「send2trash」を使って解説します。

外部パッケージ「send2trash」をダウンロード・インストールする

Pythonの外部パッケージはPypi(Python Package Index)にあります。

https://pypi.org/

Pypiにはたくさんのパッケージが公開されています。欲しいものがあれば検索もできますので、PypiのWEBサイトから探してみてください。

 

send2trashのダウンロード・インストール手順

外部パッケージ「send2trash」はファイルをゴミ箱に入れて削除するパッケージです。ファイル削除はPython標準にもありますが、完全に削除されてしまいます。

「send2trash」はゴミ箱に入れて削除するため、あとから戻すことができるので重宝します。

それではさっそく、「send2trash」をインストールしていきましょう!

「send2trash」パッケージをダウンロード・インストールするのは実は簡単です。

コマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトに「pip install send2trash」と入力するだけです。最後にエンターキーをおします。

すぐに「send2trash」パッケージのダウンロードがはじまります。そして続けて、インストールが始まります。

これで完了です。あっという間の出来事です。

わざわざファイルをダウンロードして、自分でインストーラーを起動してインストールする手間がないので、Windowsユーザーの場合はとても便利に感じますね。

「send2trash」パッケージをPypiからダウンロードし、インストールすることができました。

以上、Pythonで外部パッケージ「send2trash」をインストールする方法でした。

コメント