【Python】jsonファイルを読み込んで要素を取得する

スポンサーリンク

Pythonでは jsonファイルを読み込むことができます。

WEBでデータのやりとりでよく使用されるjson形式のjsonファイルがあります。以前はXMLが主流でしたが、現在の主流はこのjsonです。

jsonはPythonでいうところのdictionaryです。キーと値がセットになった配列のことですね。

今回は、Pythonでjsonファイルを読み込む方法を解説します!

Pythonでjsonファイルを読み込む

jsonファイル(サンプル)

{
    "東京":{
        "population": 1300,
        "capital": "東京"
    },
    "北海道":{
        "population": 538,
        "capital": "札幌市"
    },
    "沖縄":{
        "population": 143,
        "capital": "那覇市"
    }
}

今回はサンプルとして、上のjsonファイルを読み込みます。

jsonファイルを読み込む

import json

with open('C:\pg\population.json') as f:
    jsn = json.load(f)

Pythonでjsonファイルを読み込むには、「json」をインポートします。

jsonファイルのパスを指定してopenします。json.load でjsonファイルを読み込みます。ここでは変数「jsn」にjsonファイルの中身を読み込みました。

jsonファイルの中身をすべて取得する

# jsonの中身を表示する
print(jsn)

#[結果] {'東京': {'population': 1300, 'capital': '東京'},
#[結果] '北海道': {'population': 538, 'capital': '札幌市'},
#[結果] '沖縄': {'population': 143, 'capital': '那覇市'}}

jsonファイルの中身をprintで取り出してみました。(便宜上、見やすいように改行しています)

jsonファイルのキーを取得する

# 要素を取得する 
for jsn_key in jsn:
    print(jsn_key)

#[結果] 東京
#[結果] 北海道
#[結果] 沖縄

jsonの中身は辞書型dictionaryと同じように取得することができます。

キーを取得するには、for inで取得します。

jsonファイルの値を取得する

# 要素を取得する 
for jsn_val in jsn.values():
    print(jsn_val)

#[結果] {'population': 1300, 'capital': '東京'}
#[結果] {'population': 538, 'capital': '札幌市'}
#[結果] {'population': 143, 'capital': '那覇市'}

jsonの中身は辞書型dictionaryと同じように取得することができます。

値を取得するには、for invaluesで取得します。

jsonファイルの値をキーを指定して取得する

# 要素を取得する 
print(jsn["北海道"])

#[結果] {'population': 538, 'capital': '札幌市'}

jsonのキーを指定して値を取得しました。

 

参考ページhttps://docs.python.jp/3/library/json.html?highlight=json#module-json

以上、Pythonでjsonファイルを読み込んで要素を取得する方法でした。

コメント