【Python】meanで平均を求める

スポンサーリンク

Pythonでは「mean」で平均を求めることができます。

今回はPythonで平均を求めるmeanの使い方を解説します。

Python meanで平均を求める

mean 構文

from statistics import mean

mean(リスト変数)

Pythonで平均をもとめるには数理統計関数であるstatisticsモジュールの「mean」を使います。meanの引数に配列であるリストを指定すると、リストの平均を返します。

meanで平均を求める

from statistics import mean

lst = [1, 2, 3, 4, 5] 
mea = mean(lst) 
print(mea) 
#[結果] 3

「mean」でリストにふくまれるすべての値の平均をもとめることができました。「mean」で平均を自動計算してくれるので便利です。

ただし、平均をもとめるためにはあらかじめリストにしておく必要があります。

平均をもとめる

lst = [1, 2, 3, 4, 5] 
mea = sum(lst) / len(lst) 
print(mea) 
#[結果] 3.0

ここでは「mean」を使いわない方法で平均をもとめました。合計を要素数でわって平均をもとめる手動計算のパターンです。

 

以上、Python でmeanを使って平均を求める方法でした。

コメント