【Python】exit・return プログラム終了・処理終了

スポンサーリンク

Pythonの終了処理は、プログラムを終了する「exit」と処理終了する「return」があります。

今回は、Pythonの「exit」と「return」の使い方について解説します!

プログラム終了 exit

Pythonのプログラムを終了するには「exit」を使います。「exit」はsysモジュールを最初にインポートする必要があります。

例. exitの使用例

import sys

def cnt(iNum):
    if iNum > 10:
        sys.exit()
    else:
        return iNum + 1
cnt(1)
#[結果] 2
cnt(11)
#[結果]

この例では、関数「cnt」を作成しました。パラメータ「iNum」に10より大きい値が渡されると、プログラムを終了します。

10以下はプラス1を返しました。11を渡すと結果は返ってこず、プログラムが終了しました。

処理終了 return

Pythonのプログラム内で処理を終了するには「return」を使います。returnは関数を終了させたり、戻り値を返したりします。

例1. returnの使用例(関数の戻り値あり)

def cnt(iNum):
    if iNum > 10:
        return iNum
    else:
        return iNum + 1
cnt(1)
#[結果] 2
cnt(2)
#[結果] 3
cnt(11)
#[結果] 11

この例は先ほどの例とほとんど同じです。関数「cnt」では、パラメータ「iNum」に10以下ではプラス1をした値を返します。それ以外は受け取った値をそのまま返します。

例2. returnの使用例(関数の戻り値あり)

def cnt():
    if iNum > 10:
        return
    else:
        処理を記述

例2は戻り値ではなく関数の処理の途中で終了するパターンです。returnはこのように処理を終了するコマンドなので、戻り値がなくてもかまいません。

 

以上、Pythonで、プログラム終了する「exit」と処理終了する「return」でした。

 

コメント

  1. 縞下二郎 より:

    returnの動きについて確認したくてこのページを拝見しました。
    勉強になりました!有難うございます。

    追伸:
    「例1. returnの使用例(関数の戻り値あり)」のcnt(11)の結果は11ではないでしょうか。
    何か自分の間違いでしたら申し訳ないです。

    • 鎖プロ より:

      その通りでした。修正しました。
      ご指摘ありがとうございました!