【Python】Excelファイルを作成する方法

PythonでExcelファイルの使い方について。

この記事の内容はコチラです

  • PythonでExcelを新規作成する
  • Excelのシート名を指定して保存する

今回は、Excelファイルを作成する方法を解説します。

Excelファイルを作成する

構文

import openpyxl

# ブックを作成
ブック変数 = openpyxl.Workbook()
# 保存
ブック変数.save(ファイル名)

PythonでExcel操作をするには、「openPyXl」パッケージが便利です。「openPyXl」を事前にダウンロード・インストールしておく必要があります。

参照外部パッケージ OpenPyXLをインストールする方法

PythonでExcelを作成するには、「openpyxl.Workbook()」でEXCELを作成し、「save」でEXCELを保存します。

 

例1. Excelを作成して保存する

import openpyxl

# ブックを作成
book = openpyxl.Workbook()
# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

Excelファイル「data.xlsx」を作成しました。シート名はデフォルト「Sheet」になります。

  • ファイル名:data.xlsx
  • シート名:Sheet

例2. Excelを作成して保存する(シート名指定)

import openpyxl

# ブックを作成
book = openpyxl.Workbook()
# シートを取得
sheet = book['Sheet']
# シート名を変更 Sheet → シート1
sheet.title = 'シート1'
# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

Pythonで「openpyxl.Workbook()」でEXCELを作成すると、例1のようにシート名は「Sheet」となります。ここではシート名を「Sheet」→「シート1」変更しました。シート名は「title 」で変更します。

  • ファイル名:data.xlsx
  • シート名:シート1

これでExcelファイルを新規に作成することができました。

以上、PythonでExcelファイルを作成する方法でした。

● Python初心者におすすめ!

Python学習方法に関する記事です。読まないと損するかも。

Pythonのコスパ最強スクールはココです!

最短ルートでPythonを独学する方法は?

オススメのPython勉強本を紹介します!

コメント