Python Excelのセルの幅・高さを変更する

スポンサーリンク

PythonではExcelのセルの幅・高さを変更することができます。

例えば、1行目の見出しの高さを広くし、C列の幅を小さくするなど。

今回は、Excelのセルの幅・高さを変更する方法を解説します。

Excelのセルの幅・高さを変更する

構文

import openpyxl

# ブックを取得
ブック変数 = openpyxl.Workbook(ファイル名)
# シートを取得
シート変数 = ブック変数[シート名]
# セルへ書き込む
シート変数.row_dimensions[行].height = 高さ
シート変数.column_dimensions[列].width = 幅

PythonでExcel操作をするには、「openPyXl」パッケージが便利です。「openPyXl」を事前にダウンロード・インストールしておく必要があります。

参照外部パッケージ OpenPyXLをインストールする方法

PythonでExcelの行・列の幅・高さを設定するには、「row_dimensions.height」と「column_dimensions.width」を使用します。

サンプルデータ

こちらはサンプルで使用するEXCELファイルです。

例1. Excelの行の高さ・列の幅を変更する

import openpyxl

# ブックを取得
book = openpyxl.load_workbook('C:\\pg\\data.xlsx')
# シートを取得
sheet = book['Sheet1']
# 行の高さを変更
sheet.row_dimensions[1].height = 30
# 列の幅を変更
sheet.column_dimensions['B'].width = 50
# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

 

Excelファイル「data.xlsx」を開き、シート「Sheet1」の1行目の高さを30に設定し、B列の幅を50に設定しました。

保存されたEXCELファイルを確認すると、セルの高さと幅が変更されました。

 

これでExcelファイルのセルの高さと幅を変更することができました。

参照:https://openpyxl.readthedocs.io/en/stable/#

以上、PythonでExcelのセルの高さと幅を変更する方法でした。

コメント