Python Excelにシートを追加する

スポンサーリンク

PythonではExcelファイルにシートを追加することができます。

今回は、Excelファイルにシートを追加する方法を解説します。

Excelファイルにシートを追加する

構文

import openpyxl

# ブックを作成
ブック変数 = openpyxl.Workbook()
# シートを追加(シート名「Sheet」)
ブック変数.create_sheet()
# シートを追加(シート名・シート位置を指定)
ブック変数.create_sheet(index=シート位置, title=シート名)

PythonでExcel操作をするには、「openPyXl」パッケージが便利です。「openPyXl」を事前にダウンロード・インストールしておく必要があります。

参照外部パッケージ OpenPyXLをインストールする方法

PythonでExcelにシートを追加するには、「create_sheet()」を使います。

 

例1. Excelにシートを追加する

import openpyxl

# ブックを作成
book = openpyxl.Workbook()
# シートを追加
book.create_sheet()
book.create_sheet()
# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

Excelファイル「data.xlsx」を作成しました。ブックを作成した時点で「Sheet」シートは作成されます。

「create_sheet」でさらにシートを2つ追加しました。追加されるシート名は、自動的に「Sheet1」「Sheet2」・・となります。

  • ファイル名:data.xlsx
  • シート名:Sheet、Sheet1、Sheet2(左から順に)

例2. Excelにシートを追加する(シート名指定)

import openpyxl

# ブックを作成
book = openpyxl.Workbook()
# シートを追加
book.create_sheet(index=0, title='シート1')
book.create_sheet(index=1, title='シート2')
# 保存する
book.save('C:\\pg\\data.xlsx')

Excelファイル「data.xlsx」を作成しました。ブックを作成した時点で「Sheet」シートは作成されます。

「create_sheet」でシートの先頭(index=0)にシート名「シート1」を追加し、シートの2番目の位置(index=1)にシート名「シート2」を追加しました。

  • ファイル名:data.xlsx
  • シート名:シート1、シート2、Sheet(左から順に)

 

これでExcelファイルにシート位置を指定してシートを追加することができました。

以上、PythonでExcelファイルにシートを追加する方法でした。

コメント