Pythonの関数の引数の使い方

スポンサーリンク

Pythonの関数の引数の使い方はいくつかの方法があります。

ここではPythonの関数の引数の書き方・使い方をいくつか解説します。

Pythonの関数の引数の使い方

関数の定義

def output_msg(num1, num2 = 1, msg = ''):
    print(msg + str(num1 + num2))

2つの引数を足し算して、メッセージを追加する関数を定義しました。3つの引数をもつ関数です。

第1引数は通常の引数、第2,3引数は初期値ありです。

引数をすべて順番に指定するパターン

output_msg(5, 5,'足し算:')
#[結果] 足し算:10

ここでは関数の定義どおり、引数を順番に指定しました。もっとも使わわれる引数の指定パターンです。

引数を省略するパターン

output_msg(5)
#[結果] 6

ここでは第一引数「num1」に「5」を指定しました。

初期値が設定されているパラーメータ「num2」「msg」は省略できるので省略しました。省略すると関数で定義されたデフォルト値「num2=1」「msg=”」が設定されます。

引数の名前を指定して順番を入れ替える

output_msg(msg = '足し算(小数あり):', num1 = 5, num2 = 1.5)
#[結果] 足し算(小数あり):6.5

ここでは引数の順番を関数の定義順と異なる順で指定しました。順番を無視するには、引数の名前を指定します。

このようにPythonの関数の引数の書き方はいくつかの書き方があります。

通常は関数で定義された順がわかりやすいと思いますが、引数の変数名で指定して順番を無視してもいいかもしれません。

以上、Pythonの関数の引数の使い方でした。

コメント