Pythonのパッケージとモジュールの違い

Pythonには「パッケージ」「モジュール」があります。「パッケージ」と「モジュール」の違いとは何でしょうか?

Pythonの「パッケージ」・「モジュール」の違いについて、ザックリ解説していきます。

Pythonのパッケージ・モジュール

モジュール

Pythonの「モジュール」は「関数」や「クラス」を集めたファイルのことです。拡張子「.py」のファイルになります。

クラスのようにインスタンスを作る必要がなく、どこからでも呼び出して使うことができるスクリプトです。

「モジュール」の中に多くの関数があり、その関数が他から呼び出されて使われます。

パッケージ

Pythonの「パッケージ」は「モジュール」を集めたモジュール群のことです。似たような機能の「モジュール」を集めて1つのパッケージとして扱うことができます。

これはPythonでEXCELを操作するパッケージ「openpyxl」の中身です。

「パッケージ」にするためには「__init__.py」をおく必要があります。逆にいうと、この「__init__.py」ファイルがあれば「パッケージ」、なければ「モジュール」となります。

「openpyxl」パッケージの中には多くのフォルダがあります。この中をみていくと「モジュール」が詰め込まれていますね。

ライブラリとは

他には「ライブラリ」という呼び方もされます。「ライブラリ」には厳密な定義はないようです。

「パッケージ」のことをいったり「モジュール」のことをいったり、「パッケージ」と「モジュール」をまとめて「ライブラリ」と呼ぶこともあります。

「ライブラリ」とはザックリとした呼び方なんですね。

モジュールとパッケージの使い方

Pythonのモジュールとパッケージを使うには「import」が必要となります。「import」の詳しい使い方はこちらを参照してください。

参考記事Python from・importの簡単な使い方

 

以上、Pythonのパッケージ・モジュールの違いについての解説でした。

コメント