【Python】continue・break ループをスキップする・抜ける

スポンサーリンク

Pythonのループ処理をスキップするには「continue」、ループを抜けるには「break」を使います。

ループ内で使用する「continue」「break」の書き方を紹介します。

continueの書き方の例

continueでループをスキップする

# LOOPをスキップする
iNum = 0
while iNum < 5:
    iNum += 1
    if iNum == 3:
        continue
    print(iNum)
#[結果] 1
#[結果] 2
#[結果] 4
#[結果] 5

Pythonのループを「continue」でスキップしました。スキップするとループのその回だけ飛ばして次のループから始めることができます。

特定の条件のときだけスキップしたいときは「continue」を使います。

条件式「iNum=3」のときは、それ以降の処理をスキップしました。よって「1,2,4,5」のときだけ最後の処理まで実施できました。

このように「continue」を使えば、それ以降の処理をスキップして、次のループから始めることができます。

breakの書き方の例

breakでループを途中で抜ける

# LOOPを抜ける
iNum = 0
while iNum < 5:
    iNum += 1
    if iNum == 3:
        break
    print(iNum)
#[結果] 1 
#[結果] 2 

Pythonでは「continue」と似たものに「break」があります。「break」はループを途中で抜けるものです。

「continue」のように次のループは実施せず、「break」はループが終了します。

ループを抜けるには「break」を使います。ここでは「iNum == 3」のときにループを抜けます。

 

Pythonの「continue」「break」の2つを紹介しました。

以上、Pythonのループをスキップする「continue」、ループを抜ける「break」の書き方でした。

コメント