Python isdecimal 数値のみか?入力値チェック

Pythonでは「isdecimal」を使って数値のみか?をチェックすることができます。

入力値をチェックする場合に、「isdecimal」は有効です。数値以外が含まれていれば「Flase」を返すことができます。

今回は、Pythonで数値のみかチェックする「isdecimal」の使い方を解説します。

数値のみかチェックするisdecimal

isdecimal構文

# 数値のみかチェックする
文字列.isdecimal()

「isdecimal」で対象の文字列が数値のみかチェックします。数値のみなら「True」、数値以外も含む場合は「False」を返します。

isdecimalの使用例

例1. 数値のみか?

'1234'.isdecimal()
#[結果] True
'A1234'.isdecimal()
#[結果] False

「isdecimal」で文字列をチェックしました。数値のみの場合は「True」、英字を含む文字列の場合は「False」が返されました。

例2. カンマを含む数値

'1,000'.isdecimal() 
#[結果] False

「isdecimal」でカンマを含む数値をチェックしましたが、「False」が返されました。数値でもカンマが入っているとうまくチェックできません。

例3. マイナスを含む数値

'-100'.isdecimal() 
#[結果] False

「isdecimal」でマイナスを含む数値をチェックしましたが、「False」が返されました。数値でもマイナスがあるとうまくチェックできません。

 

これで数値のみを含む文字列かをチェックすることができました。

以上、Pythonで数値のみかチェックする「isdecimal」の使い方でした。

コメント