Python exists ファイル・フォルダの存在チェック

スポンサーリンク

Pythonでは「exists」を使ってファイル・フォルダの存在をチェックすることができます。

ファイルを開く場合に、ファイルが存在しない場合は異常終了してしまうので、事前に存在チェックしておきます。

今回は、Pythonでファイル・フォルダの存在をチェックする「exists」の使い方を解説します。

ファイル・フォルダの存在をチェックする exists

exists構文

import os
os.path.exists(ファイルのフルパス)

まず最初にpython標準のosモジュールを使用するため「import os」とします。

ファイル・フォルダの存在チェックをするには「os.path.exists」を使用します。存在する場合は「True」、存在しない場合は「False」を返します。

例1. ファイルが存在するか?

os.path.exists('c:\\pg\\file1.txt')
#[結果] True
os.path.exists('c:\\pg\\file1.dll')
#[結果] False

パスの記述ですが、「\」をエスケープする必要があるため、「\」であれば「\\」と書きます。よって「c:\pg\file1.txt」の場合は「c:\\pg\\file1.txt」と書きます。

Pythonの「os.path.exists」でファイルを指定し、存在する場合は「True」、存在しない場合は「False」を取得できました。

例2. フォルダが存在するか?

os.path.exists('c:\\pg')
#[結果] True
os.path.exists('c:\\pg1')
#[結果] False

フォルダの存在チェックも使い方はファイルの存在チェックと同じです。パスの記述をフォルダにします。

例3. ドライブが存在するか?

os.path.exists('c:\\')
#[結果] True
os.path.exists('X:\\')
#[結果] False

ドライブの存在チェックも使い方はファイル・フォルダの存在チェックと同じです。パスの記述をドライブにします。

「os.path.exists」を使ってファイル、フォルダ、ドライブの存在チェックをしました。

以上、Pythonの「exists」でファイル・フォルダの存在をチェックする解説でした。

コメント