関数

スポンサーリンク
基本構文

【Python】クロージャーの簡単な使い方

Pythonではクロージャーを簡単に使うことができます。 クロージャーとはわかるようなわからないような・・・簡単にいうとこんな感じです。 関数Aの中にある関数Bのこと(関数内関数) 関数Aのパラメータを関数Bが使う...
基本構文

Python 関数に関数を渡す(高階関数)

Pythonでは関数に関数を渡したり、関数を変数に代入したりできます。 関数を引数で受け取って処理する関数を「高階関数」といいます。 今回は、Pythonの高階関数の使い方として、関数に関数を渡す方法を解説します。 関数に関数...
基本構文

【Python】可変長引数「**kwargs」(辞書型)を関数で使う

Pythonでは、関数の引数に可変長引数 「**kwargs」を使うことができます。 可変長引数とは長さの決まっていない引数のことです。同じく可変長引数の「*args」がありますが、「*args」はタプルで 「**kwargs」は辞書...
基本構文

【Python】可変長引数「*args」を関数で使う

Pythonでは、関数の引数に可変長引数 「*args」を使うことができます。 可変長引数とは長さの決まっていない引数のことです。 今回は、Pythonで関数の引数の使い方(可変長引数 *args)を解説します。 可変長引数「...
基本構文

【Python】関数の戻り値を返す・受け取る方法

Pythonの関数は戻り値を返すことができます。 今回は、Pythonの関数で戻り値を返す・受け取る方法を4つのパターンで解説します。 Pythonの関数の戻り値 戻り値を返す・受け取る4つのパターンを紹介します。 ...
基本構文

Pythonの関数の引数の使い方

Pythonの関数の引数の使い方はいくつかの方法があります。 ここではPythonの関数の引数の書き方・使い方をいくつか解説します。 Pythonの関数の引数の使い方 関数の定義 def output_msg(num1, num...
数値型・ブール型・日付型

【Python】sumで配列を合計する

Pythonでは「sum」関数を使って合計値を取得することができます。 今回はリスト(配列)の合計値「sum」の使い方を解説します。 合計値 sumを取得する Pythonでリスト(配列)の合計値を求めるには「sum」関数を使いま...
基本構文

【Python】関数の書き方(4パターン)

Pythonでは関数を作成することができます。 関数とは一連の処理を1つのブロックにまとめて記述したものです。関数を作れば、同じ処理を実施する場合は再利用できるのでとても便利です。 さっそくPythonで関数を作成していきましょ...
スポンサーリンク