【Python】copy ファイルをコピーする方法

スポンサーリンク

Pythonの「copy」でファイルをコピーすることができます。

あるファイルを任意の場所にコピーしたり、リネームしてコピーすることができます。

今回は、Pythonでファイルをコピーする「copy」の使い方を解説します。

ファイルをコピーする copy

copy構文

import shutil
shutil.copy(コピー元ファイルのパス,コピー先ファイルのパス)
#戻り値:コピー先ファイルのパス

まず最初にpython標準のshutil(shell utility)モジュールを使用するため「import shutil」を事前に記述します。

「shutil.copy」で任意のファイルをコピーします。

例1. ファイルをコピーする(フルパス指定)

import shutil
shutil.copy('c:\\pg\\file1.txt','c:\\pg\\python\\file1.txt')
#[結果] 'c:\\pg\\python\\file1.txt'

Pythonの「copy」で「c:\pg\file1.txt」を「c:\test\file1.txt」にコピーしました。

パスの記述ですが、「\」をエスケープする必要があるため、「\」であれば「\\」と書きます。よって「c:\pg\file1.txt」の場合は「c:\\pg\\file1.txt」と書きます。

例2. ファイルをコピーする(フォルダパス指定)

import shutil
shutil.copy('c:\\pg\\file1.txt','c:\\pg\\python')
#[結果] 'c:\\pg\\python\\file1.txt'

例1ではコピー先をファイル名まで含めたフルパスを指定しましたが、ここではフォルダパスにしました。

このようにファイル名を指定せずフォルダパスまでの記述でもコピーすることができます。

例3. ファイルをコピーする(ファイル名変更)

import shutil
shutil.copy('c:\\pg\\file1.txt','c:\\pg\\python\\test_file.txt')
#[結果] 'c:\\pg\\python\\test_file.txt'

ここではファイルをコピーし、なおかつファイル名も変更しました。

コピー先のファイル名を変更するだけで、リネームしてコピーされます。

 

これで「shutil.copy」でファイルをコピーすることができました。

以上、Pythonの「copy」でファイルをコピーする解説でした。

コメント