Python ラベルの作成・文字色・背景色(Tkinter)

スポンサーリンク

Pythonでは「Tkinter」を使ってGUIのラベルを作ることができます。

画面(ウィンドウ)を作ったり、テキストボックスを作ったり、ラベルを作ったりできます。

今回は、Pythonでラベルを作り、文字色・背景色を設定する方法を解説します。

Tkinterでラベルを作る

Tkinter

Pythonでラベルを作るには、「tkinter」モジュールを使います。

「tkinter」は「Tool Kit Interface」のことで、Python標準のGUIアプリケーションを作成するモジュールです。

画面を作る

import tkinter

# Tkクラス生成
root = tkinter.Tk()
# 画面サイズ
root.geometry('300x200')
# 画面タイトル
root.title('テキストボックス')

画面作成の詳細はこちらを参照ください。

参考ページPythonでGUI 画面(ウィンドウ)を作る(tkinter)

ラベルを作る

import tkinter 

# ラベル
lbl = tkinter.Label(text='数値')
lbl.place(x=30, y=70)

ラベルは「tkinter.Label」で作成します。ラベルに表示する文字列は「text」で指定します。

ラベルを表示する座標は「place」でX座標、Y座標を指定します。

テキストボックスを作る

import tkinter

# テキストボックス
txt = tkinter.Entry(width=20)
txt.place(x=90, y=70)

テキストボックスの詳細はこちらを参照ください。

参考ページPython テキストボックスの作成、クリア、取得、セット(tkinter)

画面・テキストボックス・ラベルを作成

これまでの画面・テキストボックス・ラベルをまとめたものがこちらです。

import tkinter

# Tkクラス生成
root= tkinter.Tk()
# 画面サイズ
root.geometry('300x200')
# 画面タイトル
root.title('テキストボックス')

# ラベル
lbl = tkinter.Label(text='数値')
lbl.place(x=30, y=70)

# テキストボックス 
txt = tkinter.Entry(width=20)
txt.place(x=90, y=70)

作成した画面

これで「Tkinter」を使って画面にテキストボックス・ラベルを作成することができました。

ラベルの文字色・背景色

import tkinter 

# ラベルの背景色(16進数)
lbl = tkinter.Label(text='数値', foreground='#faf0e6', background='#778899')

# ラベルの背景色(文字色名)
lbl = tkinter.Label(text='数値', foreground='linen', background='lightslategray') 

lbl.place(x=30, y=70)

ラベルの文字色は「foreground」か「fg」、背景色は「background」か「bg」で指定します。

  • 文字色・・・foreground、fg
  • 背景色・・・background、bg

色の指定は「16進数」でも「色名」でも指定することができます。

作成した画面

 

参考ページhttps://docs.python.jp/3/library/tk.html

以上、Pythonで「tkinter」を使って ラベルを作り、文字色、背景色を設定する方法でした。

コメント