Python ボタンの作成・文字色・背景色(Tkinter)

スポンサーリンク

Pythonでは「Tkinter」を使ってGUIのボタンを作ることができます。

画面(ウィンドウ)を作って、ボタンを配置して、ボタンのクリックイベントで様々な処理を作りことができます。

今回は、Pythonでボタンを作成する方法を解説します。

ボタンの作成・文字色・背景色の設定(Tkinter)

Tkinter

PythonでGUIを操作するには、「tkinter」モジュールを使います。

「tkinter」は「Tool Kit Interface」のことで、Python標準のGUIアプリケーションを作成するモジュールです。

 

画面を作る

import tkinter

# Tkクラス生成
root = tkinter.Tk()
# 画面サイズ
root.geometry('300x200')
# 画面タイトル
root.title('ボタン')

画面作成の詳細はこちらを参照ください。

参考ページPythonでGUI 画面(ウィンドウ)を作る(tkinter)

ボタンを作る

# ボタン
btn = tkinter.Button(root, text='計算')
btn.place(x=140, y=170)

GUIのボタンは「tkinter.Button」で作成します。

第1引数は画面を指定します。これ以外はオプションの引数になります。

ボタンに表示されるラベルは「text=」で指定します。

ボタンの配置位置は「place」で行い、X座標・Y座標の位置を指定します。

作成した画面

上のコードで作成したボタンつきの画面はこちらです。

 

閉じる・終了ボタンを作る

# ボタン
btn = tkinter.Button(root, text='閉じる', command=tki.destroy)
btn.place(x=140, y=170)

Pythonでは「TKInter」を使って画面を閉じるボタンを作ることができます。

閉じるボタンはオプション引数に「command=画面.destroy」を指定します。

ボタンの背景色・文字色・横幅を設定する

# ボタンの背景色を設定
btn = tkinter.Button(root, text='計算', bg='#f0e68c')

Pythonのボタン背景色は「bg」を使います。

# ボタンの文字色を設定
btn = tkinter.Button(root, text='計算', fg='#ff0000')

Pythonのボタン文字色は「fg」を使います。

# ボタンの横幅サイズを設定
btn = tkinter.Button(root, text='計算', width=20)

Pythonのボタンの横幅・サイズは「width」を使います。

# ボタンの背景色を設定
btn = tkinter.Button(root, text='計算', bg='#f0e68c', fg='#ff0000', width=20)
btn.place(x=80, y=170)

以上のオプションをすべてまとめたものがこちらです。

作成した画面

上のコードで作成したボタンつきの画面はこちらです。

Pythonで「Tkinter」を使ってボタンを作成し、背景色・文字色・横幅を変更することができました。

参考ページhttps://docs.python.jp/3/library/tk.html

以上、Pythonで「Tkinter」を使ってボタンを作成する方法でした。

コメント