SpyderでPythonのコードを開く・保存する方法

スポンサーリンク

Pythonの統合開発環境(IDE)の1つに「Spyder」があります。

SpyderはPythonを開発したり、実行したり、デバッグできたりと統合開発環境(IDE)としての機能が充実しています。

今回は、Spyder入門ということで、Pythonのコードを保存したり、保存されたファイルを実行します。

Spyderのインストール

「Spyder」は「Anaconda」をインストールすると一緒にインストールされるので便利です。よってSpyderを使う場合は、Anacondaをインストールして使いましょう!

Anacondaのインストールはこちらを参照してください。

参考ページPythonでAnacondaをインストールする方法

 

Spyderの基本的な使い方

Spyderの使い方、変数の見方、デバッグの方法などはこちらを参照してください。

参考ページPython Spyder入門(使い方、変数、デバッグ)

こちらがSpyderの画面です。

Pythonのコードをファイルとして保存する

SpyderでPythonのコードをファイルに保存することができます。Pythonのプログラムコードを書いたら、Spyderの「ファイル」→「形式を指定して保存」をおします。

「ファイルを保存」ダイアログがひらきます。ファイル名を指定して「保存」ボタンをおします。Pythonのファイルの拡張子は通常「py」とします。

これでSpyderで開発したPythonのコードを保存できました。

Pythonのコードをファイルから開く

次は保存されたPythonのファイルをSpyderで開いてみます。

Spyderの「ファイルを開く」アイコンをおします。

「ファイルを開く」ダイアログがひらきます。開きたいファイルを指定して、「開く」ボタンをおします。

SpyderでPythonのファイルを開くことができました。

SpyderでPythonのコードを途中まで開発して保存したり、続きを開いたりすることができるようになると、開発の利便性が大きく向上します。

以上、SpyderでPythonのコードを開く・保存する方法でした。

コメント