PythonでZIPファイルを解凍する

スポンサーリンク

PythonではZIPファイルを解凍してZIPファイルの中を開くことができます。

ZIPファイルを解凍してフォルダの中に解凍したファイルを展開します。

今回は、PythonでZIPファイルを解凍する方法を解説します。

ZIPファイルを解凍する

ZIPファイルを圧縮する方法はこちらを参照してください。

参考ページ:PythonでフォルダーをZIPファイルへ圧縮する

ZIPファイルを解凍する

import zipfile

# ZIPファイルを読み込み
zip = zipfile.ZipFile('C:\\pg\\圧縮ファイル.zip')

# ZIPを解凍
zip.extractall('C:\\pg\\data')

# ZIPファイルをクローズ
zip.close()

解凍後のフォルダ

ここでは「C:\pg\圧縮ファイル.zip」を「C:\pg\data」の中に解凍しました。

 

zipfileの解説

PythonでフォルダーをZIPファイルへ解凍するには「zipfile」モジュールを使います。ZIPファイルを読み込み、ZIPファイルを指定したフォルダへ解凍するという手順になります。

zipfile.ZipFileの使い方

import zipfile

# ZIPファイルを読み込み
zip = zipfile.ZipFile('C:\\pg\\圧縮ファイル.zip')

最初に「zipfile」をインポートします。

「zipfile.ZipFile」でZIPファイルを読み込みます。「zipfile.ZipFile」の第1パラメータはZIPファイルのパスです。

第2パラメータは編集モードですが、省略すると「r:読み取り」となります。

w 書き込み
r 読み取り
a 追記

圧縮するファイルを追加する

# ZIPファイルに追加
zip.extractall('C:\\pg\\data')

「zip.extractall」でZIPファイルを解凍します。パラメータは解凍先のフォルダです。

最後に「zip.close」で終了です。

withを使うパターン

zipファイルを扱う場合、「with」を使った方が便利です。最後の「close」が必要なく、コードがインデントするため、zipの有効範囲がわかりやすいですね。

「with」を使ったzipファイルの圧縮に変換します。

import zipfile

# ZIPファイルを読み込み
with zipfile.ZipFile('C:\\pg\\圧縮ファイル.zip') as zip:

    # ZIPファイルに追加
    zip.extractall('C:\\pg\\data')

コチラの書き方の方がいいかもしれません。

参考ページhttps://docs.python.jp/3/library/zipfile.html

PythonでフォルダーをZIPファイルを解凍することができました。

以上、PythonでZIPファイルを解凍する方法でした。

コメント