Python Wordのスタイルを変更する(太字・下線・文字色・蛍光ペン)

スポンサーリンク

Pythonでは Word(ワード)のテキストスタイル(太字・下線・斜体・文字色・蛍光ペン)を変更することができます。

マイクロソフトOfficeの1つである「Word」は文書作成で使用される有名なアプリです。このワードの文章に太字や文字色を変更したり背景色を変更したりできます。

今回は、Word(ワード)のスタイル(太字・下線・斜体・文字色・蛍光ペン)を変更する方法を紹介します。

Word(ワード)のスタイルを変更する方法

事前準備(python-docxのインストール)

PythonでWord(ワード)を操作するには、外部パッケージ「python-docx」が便利です。「python-docx」を使うので、事前にインストールが必要です。

「python-docx」のインストールはこちらを参照してください。

参考ページPython-Docxをインストールする方法

太字・下線・斜体を設定する

Word(ワード)のスタイル(太字・下線・斜体)を変更する例を紹介します。

今回設定するワードはこちらです。

こちらがワード文書のスタイルを変更する例です。

import docx

doc= docx.Document('C:\pg\文章.docx')

# 1行目を太字
doc.paragraphs[0].runs[0].bold = True
# 3行目を下線
doc.paragraphs[2].runs[0].underline = True
# 4行目を斜体
doc.paragraphs[3].runs[0].italic = True

doc.save('C:\pg\文章.docx')

ワードの1行目~4行目までを文書を太字・下線・斜体にするには、「bold」「underline」「italic」を「True」にします。

  • 太字・・・bold
  • 下線・・・underline
  • 斜体・・・italic

文字色・蛍光ペンを変更する

import docx
from docx.shared import RGBColor
from docx.enum.text import WD_COLOR_INDEX

doc= docx.Document('C:\pg\文章.docx')

# 5行目の文字色を赤色
doc.paragraphs[4].runs[0].font.color.rgb = RGBColor(204, 0, 0)
# 6行目を黄色蛍光ペン
doc.paragraphs[5].runs[0].font.highlight_color = WD_COLOR_INDEX.YELLOW

doc.save('C:\pg\文章.docx')

Wordの文字色を変更するには「font.color.rgb」に「RGBColor」をセットします。

Wordの蛍光ペンは「font.highlight_color」です。蛍光ペンの種類は「WD_COLOR_INDEX」です。色リストはこちらです。

  • BLACK
  • BLUE
  • BRIGHT_GREEN
  • DARK_BLUE
  • DARK_RED
  • DARK_YELLOW
  • GRAY_25
  • GRAY_50
  • GREEN
  • PINK
  • RED
  • TEAL
  • TURQUOISE
  • VIOLET
  • WHITE
  • YELLOW

 

これでワードの文章のスタイルを太字・下線・斜体に設定し、文字色・蛍光ペンの色を変更することができました。

python-docx公式ページhttps://python-docx.readthedocs.io/en/latest/index.html#

以上、Pythonで Word(ワード)のテキストスタイル(太字・下線・斜体・文字色・蛍光ペン)を変更する方法でした。

コメント